HOME  BACKカヤツリグサ科アブラガヤ属   多年草
ヒメマツカサススキ
Scirpus karuizawensis
  長野と山梨県の山地の湿地にまれに生える多年草。茎は直立し、高さは1-1.5m。葉は根生および茎生し、葉身は幅4-8mmの線形。頂生の分花序は複散房状、側生の分花序は5-10個の球状花序からなる。球状花序は約5個小穂からなる。小穂は楕円形、長さ4-6mm。小穂の鱗片は淡褐色、長さ約3mm。環境省・絶滅危惧U類。
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国
花  期7月-10月
草  丈100-150cm
地  域本州(長野、山梨県)
種  別自生
ヒメマツカサススキヒメマツカサススキ
カヤツリグサ科アブラガヤ属の仲間

カヤツリグサ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ