HOME  BACKモウセンゴケ科モウセンゴケ属   多年草
ナガバノモウセンゴケ
Drosera anglica
  高層湿原に生える多年草。食虫植物。国内では、尾瀬ヶ原や北海道(サロベツ原野、大雪)に分布する。高さは10-30cm。葉に長い腺毛がつき、葉柄は長さ5-10cm、葉身は長さ3-4cmの倒披針形。7-8月に茎頂に長さ10-20cmの総状花序をだし、白色の花を数個つける。絶滅危惧II類。
原産地/原生地日本、朝鮮半島、南千島、サハリン、北半球
花  期7月-8月
草  丈10-30cm
地  域北海道、本州
環  境高山/池沼
種  別自生
ナガバノモウセンゴケナガバノモウセンゴケ
ナガバノモウセンゴケ 
モウセンゴケ科モウセンゴケ属の仲間

モウセンゴケ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ