HOME  BACKリンドウ科リンドウ属   
アサマリンドウ (朝熊竜胆)
Gentiana sikokiana
  山地の林内に生育する多年草。名前の由来は、三重県の朝熊山で発見されたことに因む。茎は直立または斜上し、高さは10-25 cm。葉は革質で少し光沢があり、2-4対が対生、葉身は長さ3-9 cmの卵形または長楕円形、縁には波状のしわがあり、先が尖る。3主脈が目立つ。10-11月に、茎の先端と上部の葉腋に3-5cmの青紫色の花を上向きに数個つける。萼筒は長さ10 mm前後、裂片は卵形で、平開する。
原産地/原生地日本
花  期10月-11月
草  丈10-25cm
地  域本州(紀伊半島南部、中国地方)、四国、九州
環  境山地/林縁
種  別自生
アサマリンドウアサマリンドウ
リンドウ科リンドウ属の仲間

リンドウ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ