HOME  BACKニレ科ニレ属   落葉高木
ハルニレ (春楡)
Ulmus davidiana var. japonica
  やや湿った肥沃地や山麓地に自生する落葉高木で北海道に多い。樹高は20-30m、直径は1mに達する。樹皮は灰褐色、縦に深く裂ける。本年枝には赤褐色の軟毛が生える。葉は互生し、葉身は長さ3-15cmの倒卵形、縁に二重鋸歯がつき、先は鋭く尖り、基部はくさび形、左右不相称。葉脈は10-20対。5-7月に葉表にオカボノクロアブラムシによる赤色の袋状の虫こぶがつく。3-5月に、葉に先立ち前年枝の葉腋に小さな黄緑色の花を7-15個つける。果実は扁平、倒卵形の翼果、5-6月に熟す。材は家具材や器具材に用いられる。公園樹や街路樹などで植栽される。
英  名Japanese elm
別  名ニレ、アカダモ
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国(東北部・北部)、南千島
花  期4月-5月
樹  高10-30m
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境田畑/山地
種  別自生/栽培
ハルニレハルニレ
ハルニレハルニレ
ニレ科ニレ属の仲間

ニレ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ