HOME  BACKブドウ科ブドウ属   つる性常緑樹
サンカクヅル (三角蔓)
Vitis flexuosa
  山地の林縁などに生育するつる性の落葉樹。名前の由来は、三角形の葉の形に因む。行者が蔓を切って中の水でのどを潤したことから、ギョウジャノミズの別名がある。巻きひげで他の木に絡みついて伸びる。葉は互生し、葉身は長さ4-10pの三角形から卵状三角形、縁に鋸歯がつき、先が尖り、基部は切形または浅心形。雌雄別株。5-6月に、葉と対生して4-8cmの円錐花序をだし、黄緑色の小さな花を多数つける。花弁は5個、雄しべは5個。果実は直径約7mmの球形の液果、10-11月に黒く熟し、食用になる。
別  名ギョウジャノミズ
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国
花  期5月-6月
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/林縁
種  別自生
サンカクヅルサンカクヅル
サンカクヅル 
ブドウ科ブドウ属の仲間

ブドウ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ