HOME  BACKイチイ科イヌガヤ属   常緑小高木
イヌガヤ (犬榧)
Cephalotaxus harringtonia
  広葉樹林やスギ林の林床などに生育する常緑小高木。名前の由来は、カヤに似るが実が堅くて食用にならないからとされる。高さは6-10m。樹皮は暗褐色で、浅く縦に裂ける。葉は軟らかく、互生するが側枝ではらせん状となり、2列に並び、葉身は長さ3-5cmの線形、先は短く尖る。裏面に2条の灰白色の気孔腺がある。雌雄異株。3-4月に、雄花は前年枝の葉腋に6-10個球形につき、雌花は前年枝の頂部の葉腋に1-2個つく。果実は長さ2-2.5cmの球果、翌年の9-10月に紅紫色に熟す。
別  名ヘダマ
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国・中北部
花  期3月-4月
樹  高6-10m
地  域本州、四国、九州
環  境山地
種  別自生/栽培
花言葉忍耐
イヌガヤイヌガヤ
イヌガヤ 
イチイ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ