HOME  BACKハマウツボ科ヤマウツボ属   多年草
ヤマウツボ (山靫)
Lathraea japonica
  ブナ科、カバノキ科、ヤナギ科などの樹木の根に寄生する寄生植物。名前の由来は、ヤマ(山)に生えて、花が矢を入れるウツボ(靫)に似ることに因む。地下茎から伸びる根が寄主の根にからみつき養分を吸収する。高さは10-30cm。葉は下部で小さく上部で大きくなり、葉身は長さ5-10mmの心形、先は鈍頭。春に地上に高さ13-30cmになる太い花茎が直立する。5-7月に、花茎に総状花序をつけ、白色の花を多数つける。
原産地/原生地日本、朝鮮・鬱陵島、中国
花  期5月-7月
草  丈10-30cm
地  域本州・(関東以西、四国、九州
種  別自生
ヤマウツボヤマウツボ
ハマウツボ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ