HOME  BACKヤナギ科ヤナギ属   落葉高木
バッコヤナギ
Salix caprea
  山地や丘陵地の日当たりの良い乾燥地に自生する落葉高木。別名はヤマ(山)に生えるネコヤナギの意。高さは3-10m、直径は5-30cm。葉は互生し、葉身は長さ5-10 cmの長楕円形、縁には波形の鋸歯があり、先が尖る。裏面に白い毛が密生する。雌雄別株。3-4月に、葉が展開する前に開花し、銀白色に輝く花が目立つ。雄花序は3-5cm、葯は黄色。雌花序は2-4cm、柱頭は淡黄緑色。果実は刮ハ、5月に熟して裂開する。材はまな板の材として利用される。
別  名ヤマネコヤナギ
原産地/原生地日本
花  期3月-4月
樹  高3-10m
地  域北海道・南西部、本州・近畿以北、四国
環  境山地
種  別自生
バッコヤナギバッコヤナギ
バッコヤナギ 
ヤナギ科ヤナギ属の仲間

ヤナギ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ