HOME  BACKブナ科コナラ属   落葉高木
ミズナラ (水楢)
Quercus crispula
  山地から亜高山帯にかけて自生する落葉高木。名前は、材に水分が多く含まれて、燃えにくいことに因む。葉は互生し、葉身は長さ7-15cmの倒卵状長楕円形、縁に大型の鋸歯がある。雌雄同下部。5-6月に、上部の葉腋に1-3個の小さな雌花をつけ、下部の葉腋に6-8cm程の雄花序を下垂しする。果実は長さ2-3cmの長楕円形の堅果。材は堅く、柾目に美しい紋様があらわれ、高級家具、建築材などで利用される。
別  名オオナラ
原産地/原生地日本、朝鮮半島、樺太、南千島
花  期5月-6月
樹  高5-30m
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/高山
種  別自生
ミズナラミズナラ
ミズナラ 
ブナ科コナラ属の仲間

ブナ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ