HOME  BACKアブラナ科イヌナズナ属   越年草
イヌナズナ (犬薺)
Draba nemorosa
  北半球に広く分布し、草地や道ばたなどに生える越年草。名前の由来は、ナズナに似るが、花は黄色で異なるからイナ(否)ナズナが訛ってイヌナズナとなったとされる。草丈は5-30cm。茎には単純毛と星状毛がつく。茎葉は互生し、葉身は長さ1-3cmの長楕円形、縁に鋸歯があり、基部は茎を抱く。根生葉はロゼット状。3-6月に総状花序をだし、小さな黄色の4弁花を20-60個まばらにつける。短角果は4-8mmの扁平な楕円形。
英  名Woodland draba
原産地/原生地北半球
花  期3月-6月
草  丈5-30cm
地  域日本全土
種  別自生
イヌナズナイヌナズナ
イヌナズナ 
アブラナ科の仲間
アブラナ アラビス イオノプシディウム イヌガラシ イベリス ウメハタザオ エゾスズシロ オーブリエチア オオバタネツケバナ オランダガラシ カキネガラシ カブ コマツナ コンロンソウ ゴウダソウ ザーサイ シュッコンアリッサム スイートアリッサム スカシタゴボウ ストック セイヨウカラシナ タアツァイ タネツケバナ ダイコン ナズナ ナノハナ ニオイアラセイトウ ハクサイ ハナナ ハボタン ハマダイコン ハマハタザオ ハルザキヤマガラシ バージニア・ストック フジハタザオ ブロッコリー ヘリオフィラ・ロンギフォリア ホソバタイセイ マメグンバイナズナ ミチタネツケバナ ミヤマタネツケバナ ミヤマハタザオ ムラサキハナナ モロッコナズナ ヤマガラシ ヤマハタザオ ユリワサビ ルッコラ ワサビ

iPhoneアプリ-花しらべ