HOME  BACKヤシ科シュロ属   常緑高木
シュロ (棕櫚)
Trachycarpus fortunei
  中国や日本原産の常緑高木。国内には平安時代に導入され、九州南部のものは自生とされる。種子が鳥により運ばれ、関西や関東地方に野生化している。幹は繊維状の毛で覆われ、直立し、樹高は5-10m。葉は50-80cmの扇状で掌状深裂する。雌雄別株。5-6月に葉腋に30-40cmの円錐花序を垂れ下げ、小さな淡黄色の花を多数つける。果実は1cm程の液果、11-12月に黒く熟す。庭木などで植栽される。繊維は敷物などで利用される。
英  名Chinese windmill palm
別  名ワジュロ
原産地/原生地日本、中国
花  期5月-6月
樹  高5-10m
地  域九州、本州
種  別自生/栽培
シュロシュロ
シュロ 
ヤシ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ