HOME  BACKツツジ科スノキ属   常緑低木
シャシャンボ (小小坊)
Vaccinium bracteatum
  乾いた林縁や谷筋などに分布する常緑低木。名前の由来は、小さな実が多数つく様子を小さな坊や(小小ん坊)に見立て、転訛し、シャシャンボになったとされる。よく分枝し、樹高は1-5m。葉は革質でつやがあり、互生、葉身は2-7cmの卵状楕円形、縁は全縁または浅い鋸歯があり、先は鋭く尖る。5-7月に、上部の枝の葉腋に4-10cmの総状花序を横向きにだし、小さな白色の壺状の花を下向きに多数つける。苞は3-6mmの披針形。果実は小さな球形の液果、9-10月に黒紫色に熟す。甘酸っぱく食用になる。
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国、東南アジア
花  期6月-7月
樹  高1-5m
地  域本州・千葉県以西、四国、九州、沖縄
種  別自生
シャシャンボシャシャンボ
シャシャンボシャシャンボ
シャシャンボ 
ツツジ科スノキ属の仲間

ツツジ科の仲間
アオノツガザクラ アカモノ アカヤシオ アクシバ アザレア アズマシャクナゲ アセビ アブラツツジ アワユキエリカ イソツツジ イチゴノキ イチヤクソウ イワナシ イワヒゲ ウメガサソウ ウラジロヨウラク エゾツツジ エゾノツガザクラ エパクリス・ロンギフロラ エリカ エリカ・カルネア オオコメツツジ カルーナ カルミア ガンコウラン キバナシャクナゲ ギンリョウソウ クロフネツツジ クロマメノキ ケラマツツジ ゲンカイツツジ コエゾツガザクラ コケモモ コバノイチヤクソウ コメツツジ コメバツガザクラ サツキ サラサドウダン シャクナゲ シラタマノキ シロヤシオ ジムカデ ジャノメエリカ ジンヨウイチヤクソウ スズランエリカ スズランノキ セイヨウイワナンテン ツガザクラ ツツジ ツルコケモモ ドウダンツツジ ナツハゼ ネジキ ハクサンシャクナゲ ハナヒリノキ ヒカゲツツジ ヒメシャクナゲ ブルーベリー ベニサラサドウダン ベニドウダン ベニバナイチヤクソウ ホツツジ ホンコンドウダンツツジ ホンシャクナゲ マレーシアシャクナゲ ミツバツツジ ミネズオウ ミヤマホツツジ ムラサキツリガネツツジ ムラサキヤシオツツジ モチツツジ ヤマツツジ レンゲツツジ

iPhoneアプリ-花しらべ