HOME  BACKイネ科エゾムギ属   多年草
カモジグサ
Elymus tsukushiensis var. transiens
  道端や畑のふちなどに生える多年草。名前の由来は、子供が髢(かもじ:添え髪のこと)を作って遊んだことに因む。高さは40-100cm。葉は互生し、葉身は長さ15-25cmの線形。5-7月に長さ15-25cmの穂状花序を弓型に垂れてつける。小穂は1.5-2.5cmの淡緑色で、5-10個の小花がある。
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国
花  期5月-7月
草  丈40-100cm
地  域日本全土
環  境田畑/道端
種  別自生
カモジグサカモジグサ
カモジグサ 
イネ科の仲間
アオチカラシバ アブラススキ イヌビエ イヌムギ イワノガリヤス エノコログサ オオアワガエリ オカメザサ オギ オヒシバ カモガヤ カラスムギ キンエノコロ ギンギツネ クサヨシ クマザサ クロチク コバンソウ コムギ コメススキ サトウキビ シコクビエ シマスズメノヒエ ジュズダマ ススキ スズメノカタビラ スズメノテッポウ セイバンモロコシ ダンチク チカラシバ チガヤ チゴザサ チヂミザサ トウモロコシ ナガハグサ ノガリヤス ハルガヤ パープルファウンテングラス パンパスグラス ヒゲナガスズメノチャヒキ ヒメコバンソウ フウチソウ ミューレンベルギア ミレット ムギクサ メヒシバ ヨシ ラグラス

iPhoneアプリ-花しらべ