HOME  BACKラン科カシノキラン属   多年草
カシノキラン (樫の木蘭)
Gastrochilus japonicus
  常緑広葉樹林の木の幹や枝に着生する多年草。名前の由来は、カシまたは葉がカシに似た木に着生することに因むとされる。茎は短く、基部から細長い根をだし、樹皮に張り付く。葉は革質、2列互生、葉身は長さ3-6cmの狭楕円形。7-8月に葉腋に花序をだし、1cm程の淡黄色の唇形花を4-10個密につける。唇弁は白色で暗紅褐色の斑紋がある。
原産地/原生地日本、済州島
花  期7月-9月
地  域本州(千葉県以西)、四国、九州、沖縄
種  別自生
カシノキランカシノキラン
ラン科の仲間
アケボノシュスラン アツモリソウ イワチドリ エゾチドリ エビネ エピデンドラム オキナワチドリ オニノヤガラ オンシジウム カキラン カクチョウラン カトレヤ カモメラン カヤラン カランセ・ベスティタ ガンゼキラン キエビネ キンラン ギンラン クマガイソウ グラマトフィラム コウトウシラン コケイラン コチョウラン サイハイラン サギソウ ササバギンラン サルメンエビネ サワラン シュンラン ショウキラン シラン シンビジュウム ジゴニシア セッコク タイガーオーキッド ツチアケビ ツルラン テガタチドリ デンドロビューム トキソウ ナギラン ナゴラン ナツエビネ ナリヤラン ニュウメンラン ネジバナ ノビネチドリ ハクサンチドリ バニラ バンダ パフィオペディラム フウラン ヘツカラン ホソバノキソチドリ マヤラン ミズチドリ ミズトンボ ミヤマウズラ ミルトニア ムヨウラン ヤマサギソウ レナンテラ

iPhoneアプリ-花しらべ