HOME  BACKサルトリイバラ科サルトリイバラ属   つる性多年草
タチシオデ (立牛尾菜)
Smilax nipponica
  山野に生えるつる性の多年草。茎は初め直立するが、生長すると他のものにからみつく。葉は薄く、互生、葉身は6-10cmの長楕円形、先が急に尖る。葉柄の基部の托葉が巻ひげになる。5-6月に葉腋に半球状の散形花序をだし、小さな黄緑色の花をつける。よく似る仲間のシオデより花期が早く、葉の裏面は白粉をおびる。
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国
花  期5月-6月
地  域本州、四国、九州
環  境山地/草原
種  別自生
タチシオデタチシオデ
タチシオデタチシオデ
サルトリイバラ科サルトリイバラ属の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ