HOME  BACKムクロジ科カエデ属   落葉小高木
ヒトツバカエデ (一葉楓)
Acer distylum
  山地の沢沿いなどに生育する落葉小高木。名前の由来は、カエデ属の仲間は葉が掌状に分裂するものや三出複葉になるものが多いが、本種は切れ込みがないことから。葉は対生し、葉身は10-20cmの卵形から円心形、縁に波状の鋸歯があり、先が尖る。雌雄同株。5-6月に枝先に7-12cmの総状花序を直立し、小さな淡黄色の花を多数つける。花弁と萼片は5個。果実は翼果で8-10月に熟す。材は建築材や器具材などで利用される。
別  名マルバカエデ(丸葉楓)
原産地/原生地日本
花  期5月-6月
樹  高5-10m
地  域本州(岩手県〜紀伊半島)
環  境山地/河原
種  別自生
ヒトツバカエデヒトツバカエデ
ヒトツバカエデヒトツバカエデ
ヒトツバカエデ 
ムクロジ科カエデ属の仲間

ムクロジ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ