HOME  BACKムラサキ科ウシノシタグサ属   多年草
アンチューサ・アズレア
Anchusa azurea
  ヨーロッパから西アジア原産の多年草。葉は互生し、葉身は楕円形から披針形、剛毛で覆われる。5-6月に茎頂に1-2cmの濃青色の花を集散状につける。花冠は5裂する。仲間のアルカネット(Anchusa officinalis)に比べ花が大きい。花壇などで利用される。
英  名Garden anchusa,Italian bugloss
原産地/原生地ヨーロッパから西アジア
花  期5月-7月
草  丈50-150cm
種  別栽培
アンチューサ・アズレアアンチューサ・アズレア
アンチューサ・アズレア 
ムラサキ科ウシノシタグサ属の仲間

ムラサキ科の仲間
アメリカチシャノキ アルカネット アンジェリア エキウム・ウィルドプレッティ エキウム・カンディカンス エキウム・ブルーベッダー エゾムラサキ エゾルリソウ エチゴルリソウ オンファロデス・カッパドキカ オンファロデス・ベルナ オンファロデス・リニフォリア キュウリグサ コウ コンフリー シノグロッサム スナビキソウ セリンセ ドワーフ・コンフリー ネモフィラ・インシグニス ネモフィラ・スノーストーム ネモフィラ・ペニーブラック ネモフィラ・マクラータ ハナイバナ ハマベンケイソウ ファセリア・カンパニュラリア フクマンギ ブルンネラ プルモナリア ヘリオトロープ ホタルカズラ ボリジ マルバチシャノキ ミヤマホタルカズラ ミヤマムラサキ ムラサキ モンパノキ ヤマルリソウ ワスレナグサ

iPhoneアプリ-花しらべ