HOME  BACKラン科キンラン属   多年草
ササバギンラン (笹葉銀蘭)
Cephalanthera longibracteata
  山野の林内などに生える多年草。名前の由来は、葉が笹の葉のように大きく、花がギンランに似ることから。葉は互生し、葉身は7-15cmの狭長楕円形、先が尖り、基部は茎を抱く。4-6月に穂状花序をだし、1-2cmの白色の花を数個つける。ギンランに似るが、ササバギンランはひとまわり大きく、葉の高さが花序と同じか高くなるのが特徴。
英  名Sword leaved helleborine
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国
花  期4月-6月
草  丈30-60cm
地  域北海道、本州、四国、九州
種  別自生
ササバギンランササバギンラン
ササバギンラン 
ラン科キンラン属の仲間

ラン科の仲間
アツモリソウ イワチドリ エゾチドリ エビネ エピデンドラム オキナワチドリ オニノヤガラ オンシジウム カキラン カクチョウラン カトレヤ ガンゼキラン キエビネ キンラン ギンラン クマガイソウ グラマトフィラム コウトウシラン コケイラン コチョウラン サイハイラン サギソウ サルメンエビネ サワラン シュンラン ショウキラン シラン シンビジュウム ジゴニシア セッコク タイガーオーキッド ツチアケビ ツルラン テガタチドリ デンドロビューム トキソウ ナゴラン ナツエビネ ナリヤラン ニュウメンラン ネジバナ ノビネチドリ ハクサンチドリ バニラ バンダ パフィオペディラム フウラン ホソバノキソチドリ マヤラン ミズチドリ ミズトンボ ミヤマウズラ ミルトニア ヤマサギソウ

iPhoneアプリ-花しらべ