HOME  BACKオオバコ科ベロニカ属   二年草
フラサバソウ (フラサバ草)
Veronica hederaefolia
  ユーラシア原産の二年草。名前は、1875年の日本植物目録にフランス人植物学者フランシェ(Franchet)とサバチェSavatier)による長崎での採集の記録があり、両名の名前をとって命名された。全国の畑や道端などに生える帰化植物。全体に軟毛がつき、茎は基部で分岐し、横に広がり、先端でやや直立する。葉は互生し、短柄、葉身は1cm程の広楕円形、縁に鋸歯がある。3-5月に葉腋に小さな淡青紫色の花を単生する。花冠は4裂し、萼とほぼ同じ長さ。
別  名ツタノハイヌノフグリ
原産地/原生地ユーラシア
花  期3月-5月
草  丈10-50cm
地  域日本全土
環  境田畑/草原/岩場
種  別自生
フラサバソウフラサバソウ
フラサバソウ 
オオバコ科ベロニカ属の仲間

オオバコ科の仲間
アサリナ アンゲロニア イヌノフグリ イワカラクサ イワブクロ ウォーターバコパ ウルップソウ ウンラン エチゴトラノオ オオイヌノフグリ オオカワヂシャ オオバコ オタカンサス キクバクワガタ キンギョソウ クガイソウ クワガタソウ グロブラリア グロブラリア・コルディフォリア グンバイヅル ケローネ コゴメイヌノフグリ コテングクワガタ シナノヒメクワガタ シュッコンリナリア ジギタリス スズカケソウ タチイヌノフグリ ツタバウンラン テングクワガタ トウテイラン トラノオスズカケ ハナチョウジ ハマトラノオ ヒメキンギョソウ ヒメトラノオ ヘーベ ヘーベ・スペキオサ ヘラオオバコ ベロニカ ベロニカ・オックスフォードブルー ペンステモン ホソバウンラン マツバウンラン ミヤマクワガタ ムシクサ メカルドニア ヤマクワガタ レーマニア・エラータ

iPhoneアプリ-花しらべ