HOME  BACKスイカズラ科スイカズラ属   落葉低木
オオヒョウタンボク (大瓢箪木)
Lonicera tschonoskii
  亜高山帯から高山帯に生える落葉低木。名前は、大きな葉をつけるヒョウタンボク(キンギンボク)の意。葉は対生し、葉身は5-10cmの長楕円形。7-8月に今年枝の葉腋から花柄をだし、2cm程の白色の花を普通2個並んでつける。花冠は2唇形。果実は液果で9月に赤く熟し有毒である。
原産地/原生地日本
花  期7月-8月
樹  高1-2m
地  域本州(関東、中部)
環  境高山
種  別自生
オオヒョウタンボクオオヒョウタンボク
オオヒョウタンボクオオヒョウタンボク
スイカズラ科スイカズラ属の仲間

スイカズラ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ