HOME  BACKスイカズラ科スイカズラ属   落葉低木
オオヒョウタンボク (大瓢箪木)
Lonicera tschonoskii
  亜高山帯から高山帯に生える落葉低木。名前は、大きな葉をつけるヒョウタンボク(キンギンボク)の意。葉は対生し、葉身は5-10cmの長楕円形。7-8月に今年枝の葉腋から花柄をだし、2cm程の白色の花を普通2個並んでつける。花冠は2唇形。果実は液果で9月に赤く熟し有毒である。
原産地/原生地日本
花  期7月-8月
樹  高1-2m
地  域本州(関東、中部)
環  境高山
種  別自生
オオヒョウタンボクオオヒョウタンボク
オオヒョウタンボクオオヒョウタンボク
スイカズラ科スイカズラ属の仲間

スイカズラ科の仲間
アカバナマツムシソウ アベリア ウグイスカグラ ウコンウツギ オオベニウツギ オトコエシ オミナエシ カノコソウ キバナウツギ キンギンボク キンレイカ サクシセラ・フロステッドパールズ ショウキウツギ シンフォリカルポス スイカズラ スカビオサ セファラリア・ギガンティア セントランサス ソナレマツムシソウ タカネマツムシソウ タニウツギ チシマキンレイカ ツキヌキニンドウ ツクバネウツギ ツルカノコソウ ニオイニンドウ ニシキウツギ ノヂシャ ハクサンオミナエシ ハコネウツギ ハスカップ ハマニンドウ ベニバナノツクバネウツギ マツムシソウ ヤブウツギ ラシャガキグサ リンネソウ

iPhoneアプリ-花しらべ