HOME  BACKユキノシタ科ティアレラ属   多年草
ズダヤクシュ (喘息薬種)
Tiarella polyphylla
  深山の林の中に自生する多年草。名前の由来は、ズダとは長野県の方言でゼンソク(喘息)のことで、ヤクシュ(薬種)とは生薬のこと。乾燥させて煎じて飲むとぜんそく薬にされた(現在は使われない)。葉は互生し、有柄、葉身は円心形で3-5裂する。6-8月に花茎の上部に総状花序をだし、小さな白色の5弁花を下向きにつける。白色の花弁に見えるものは萼片。
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国
花  期6月-8月
草  丈10-40cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/高山/林縁
種  別自生
ズダヤクシュズダヤクシュ
ズダヤクシュ 
ユキノシタ科ティアレラ属の仲間

ユキノシタ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ