HOME  BACKナス科オオセンナリ属   耐寒性一年草
オオセンナリ (大千成)
Nicandra physalodes
  ペルー原産で江戸時代に観賞用に導入された一年草。1964年に北九州市で野生化が確認された帰化植物。名前の由来は、センナリホウズキより大きい実を多数つけることから。茎はよく分枝し草丈は50-150cm。葉は互生し、葉身は8-15cmの卵形から長楕円形、先が尖り、縁に粗い鋸歯がある。6-10月に葉腋に4cm程の淡青色の漏斗形の花を単生する。果実は液果で、ガクに包まれ、ホオズキによく似る。
英  名Apple of Peru,Shoo-fly plant
別  名アップル・オブ・ペルー、ニカンドラ・フィサロイデス
原産地/原生地ペルー
花  期6月-10月
草  丈50-150cm
種  別自生/栽培
オオセンナリオオセンナリ
オオセンナリオオセンナリ
ナス科オオセンナリ属の仲間

ナス科の仲間
アメリカイヌホオズキ アメリカバンマツリ イヌホオズキ ウコンラッパバナ エンジェルトランペット オオマルバノホロシ カリブラコア キチョウジ ギンパイソウ クコ クロホオズキ ケストルム・エレガンス サルピグロシス シザンサス ショクヨウホオズキ ジャガイモ スズメナスビ センナリホオズキ ソラナム・ラントネッティ ソランドラ・ロンギフローラ タバコ タマサンゴ チョウセンアサガオ ツノナス ツルハナナス トウガラシ トウガラシ・ブラックパール トマト ナス ニーレンベルギア ニオイバンマツリ ニコチアナ ハコベホオズキ ハシリドコロ ハダカホオズキ ヒヨス ヒヨドリジョウゴ ヒルザキヤコウカ ピーマン ブルンフェルシア・デンシフロラ ブロワリア ベラドンナ ペチュニア ホオズキ マーマレードノキ ヤコウカ ヤマホロシ ルリイロツルナス ルリヤナギ ワルナスビ

iPhoneアプリ-花しらべ