HOME  BACKキツネノマゴ科キツネノマゴ属   常緑低木
サンゴバナ (珊瑚花)
Justicia carnea
  南アメリカ原産の常緑低木。名前の由来は、花の形と色をサンゴに例えた。茎は四角形。葉は対生し、葉身は10-25cmの長卵形。5-9月に枝先または葉腋に円錐花序をだし、淡紅色の唇形の花を多数つける。鉢物で利用される。
英  名Flamingo plant,Brazilian plume flower
別  名フラミンゴプランツ、ジャコビニア
原産地/原生地南アメリカ(ブラジル、コロンビア、エクアドル、アルゼンチン)
花  期5月-11月
樹  高30-200cm
種  別栽培
花言葉きらめき
サンゴバナサンゴバナ
サンゴバナ 
キツネノマゴ科キツネノマゴ属の仲間

キツネノマゴ科の仲間
アカンサス アシスタシア・イントルサ アフェランドラ・オーランティアカ アフェランドラ・シンクレイリアナ アフェランドラ・ダニア イセハナビ エランテムム・ウォッティ キツネノマゴ クロサンドラ コエビソウ コダチヤハズカズラ コロマンソウ コロンビアン・ペチュニア サンケジア シャウエリア・カリコトリカ ジャスティシア・スピキゲラ ジャスティシア・ベトニカ スズムシバナ ストロビランテス・アニソフィルス センシンレン ツンベルギア・アラータ ツンベルギア・フォーゲリアナ ツンベルギア・フラグランス ディアンテラ・ノドサ トーンファンチャン ハグロソウ バルレリア・クリスタータ バルレリア・レペンス パキスタキス・ルテア ヒポエステス・アリスタータ プセウデランテマム・アンデルソニー プセウデランテマム・ラクシフロルム プセウデランテマム・レティクラツム ヘミグラフィス ベニコートノキ ベニサンゴバナ ベニツツバナ ベンガルヤハズカズラ マイソルヤハズカズラ マッケイヤベラ ミヤコジマソウ ヤナギバルイラソウ ルエリア・コロラタ ルエリア・マクランサ ルエリア・ロセア ルッティア・フルティコサ ルリハナガサ ローレルカズラ

iPhoneアプリ-花しらべ