HOME  BACKユキノシタ科アスチルベ属   耐寒性多年草
アスチルベ
Astilbe × arendsii
  アスチルベ属は東アジアや北アメリカに約12種が分布する。葉は互生し、2-3回3出複葉、小葉には粗い鋸歯がある。5-8月に15-40cmの円錐花序をだし、小さな花を多数つける。園芸品種は欧米で品種改良された品種で、花色は白・桃・赤、矮性・高性種など数多い。紅色の花をつけるファナル(cv. Fanal)、淡紅色のスプライト(cv. Sprite)、白色のイーリヒト(cv.Irrlicht)などが有名である。花壇・鉢植え・切り花などで利用される。
原産地/原生地日本、東アジア、北アメリカ
花  期5月-9月
草  丈30-120cm
種  別栽培
花言葉自由、恋の訪れ
アスチルベアスチルベ
アスチルベ 
ユキノシタ科アスチルベ属の仲間

ユキノシタ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ