HOME  BACKナデシコ科ナデシコ属   耐寒性多年草
カーネーション
Dianthus caryophyllus
  地中海沿岸原産で江戸時代初期に導入された多年草。カーネションの名前の由来は、原種の花色であるラテン語の肉色(Incarnation)や、冠飾り(coronation flower)が語源で、これが転訛したという説がある。古代ギリシア時代から栽培されており、16世紀頃にイギリスやフランスで品種改良が進み、花色が白・赤・紫・桃・黄色などの多くの園芸品種がある。葉は対生し、葉身は披針形。花壇・鉢植え・切り花などで観賞用に利用されるだけでなく、匂い袋や食用としても利用される。
英  名Carnation
別  名オランダナデシコ
原産地/原生地地中海沿岸
花  期4月-7月/9月-12月
草  丈10-100cm
種  別栽培
花言葉情熱、女性の愛、熱愛(ピンク)、母への愛(赤)、私の愛情は生きている(白)
カーネーションカーネーション
カーネーションカーネーション
カーネーションカーネーション
カーネーションカーネーション
カーネーションカーネーション
ナデシコ科ナデシコ属の仲間

ナデシコ科の仲間
アイリッシュモス アメリカセンノウ アレナリア・モンタナ イヌコモチナデシコ イワツメクサ ウシハコベ ウスベニツメクサ エゾオオヤマハコベ エゾカワラナデシコ エンビセンノウ オオツメクサ オオヤマフスマ オグラセンノウ オランダミミナグサ カーペットカスミソウ カスミソウ カッコウセンノウ カワラナデシコ クモマミミナグサ サボンソウ サワハコベ シコタンハコベ シナノナデシコ シレネ・カロリニアナ シロバナマンテマ スイセンノウ セラスチウム センジュガンピ タカネツメクサ タカネナデシコ タカネビランジ タカネマンテマ タガソデソウ チョウカイフスマ ツメクサ ツルビランジ ドウカンソウ ナデシコ ナンバンハコベ ノハラナデシコ ノミノツヅリ ノミノフスマ ハコベ ハマナデシコ ハマベマンテマ ヒメナデシコ ヒメハマナデシコ ビジョナデシコ ビスカリア フクロナデシコ フシグロセンノウ ホソバツメクサ ホワイトキャンピオン マツモトセンノウ マンテマ ミドリハコベ ミミナグサ ミヤマハコベ ミヤマミミナグサ ムギセンノウ ムシトリナデシコ メアカンフスマ レッドキャンピオン ロックソープワート ワダソウ ワチガイソウ

iPhoneアプリ-花しらべ