HOME  BACKシュロソウ科シライトソウ属   多年草
シライトソウ (白糸草)
Chionographis japonica
  山野の林縁に自生する多年草。名前の由来は、ブラシ状の白い花びらをシライト(白糸)に見立てた。根生葉は5-15cmの倒披針形、ロゼット状。茎葉は互生し、葉身は披針形。5-6月に茎頂に総状花序をだし、白色の1cm程の花を多数つける。花は1cmぐらいで4個の長い花被片と2個の短い花被片がつく。花は下から上へ咲き上がる。
原産地/原生地日本、朝鮮半島
花  期5月-6月
草  丈15-50cm
地  域本州、四国、九州
環  境山地/高山/林縁/草原
種  別自生
シライトソウシライトソウ
シライトソウ 
シュロソウ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ