HOME  BACKキンポウゲ科アキレギア属   耐寒性多年草
オダマキ (苧環)
Aquilegia
  オダマキは自生するミヤマオダマキを品種改良したもので、セイヨウオダマキはヨーロッパ・シベリアに分布するものを母種とする。アキレギア属は北半球に約50種分布する。属名のaquilegiaは、ラテン語のaquila(鷲)が語源で、花の距が鷲の爪に似ることから。オダマキとは、糸を巻く糸車のことで、花の形が糸車に似ることから名付けられた。根生葉は2回3出複葉。4-6月に開花し、外側に花弁に見えるものは萼片で5個、花弁は内側につく。基部から角状の距が伸びる。有毒植物で汁液に触れると皮膚炎を起こすことがある。色が豊富で多くの園芸品種があり、花壇や鉢植えなどで利用される。
英  名Common columbine,European columbine
別  名アキレギア、セイヨウオダマキ、イトクリソウ
原産地/原生地ヨーロッパ、東アジア
花  期4月-6月
草  丈20-90cm
種  別栽培
花言葉移り気、愚か者、勝利の誓い(紫)、素直(赤)
オダマキオダマキ
オダマキオダマキ
オダマキオダマキ
オダマキオダマキ
キンポウゲ科アキレギア属の仲間

キンポウゲ科の仲間
アキカラマツ アズマイチゲ アズマシロカネソウ アネモネ アネモネ・シルベストリス アネモネ・ブランダ イチリンソウ イトキンポウゲ イヌショウマ ウマノアシガタ ウメバチキンポウゲ エゾノリュウキンカ エンコウソウ オオレイジンソウ オキナグサ オクトリカブト カナダオダマキ カラマツソウ キクザキイチゲ キタダケソウ キツネノボタン キバナセツブンソウ キンバイソウ クサボタン クリスマスローズ クレマチス クレマチス・アーマンディ クレマチス・モンタナ ケキツネノボタン サラシナショウマ サンリンソウ シキンカラマツ シナノキンバイ シマキツネノボタン シュウメイギク シラネアオイ セイヨウオキナグサ セツブンソウ セリバオウレン セリバヒエンソウ センニンソウ タガラシ チドリソウ ツクモグサ デルフィニウム トウゴクサバノオ トリガタハンショウヅル トロリウス ニゲラ ニリンソウ ハイキンポウゲ ハクサンイチゲ ハナトリカブト ハルオコシ ハンショウヅル バイカオウレン バイカカラマツ バイカモ ヒキノカサ ヒダカソウ ヒメイチゲ ヒメウズ ヒメリュウキンカ フクジュソウ フタマタイチゲ ボタンヅル ミチノクフクジュソウ ミツバオウレン ミヤマオダマキ ミヤマカラマツ ミヤマキンポウゲ ミヤマトリカブト ミヤマハンショウヅル モミジカラマツ ヤチトリカブト ヤブイチゲ ヤマオダマキ ヤマトリカブト ユキワリイチゲ ユキワリソウ ラナンキュラス ラナンキュラス・ゴールドコイン リュウキンカ ルイヨウショウマ レイジンソウ レンゲショウマ

iPhoneアプリ-花しらべ