HOME  BACKセリ科セントウソウ属   多年草
セントウソウ (仙洞草)
Chamaele decumbens
  山野の林縁などに生える多年草。名前の由来は不明だが、セリ科の中で一番早く咲くことからセントウソウになったという説がある。別名のオウレンダマシは、葉がセリバオウレンに似ることから。根生葉は1-3回3出羽状複葉、葉柄は紫色を帯びる。3-5月に葉腋伸びた花茎に複散形花序をだし、小さな白色の5弁花をつける。
別  名オウレンダマシ(黄連騙し)
原産地/原生地日本
花  期3月-5月
草  丈10-30cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/草原
種  別自生
花言葉繊細な美
セントウソウセントウソウ
セントウソウセントウソウ
セリ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ