HOME  BACKサギゴケ科サギゴケ属   一年草
トキワハゼ (常磐はぜ)
Mazus pumilus
  全国の畑や道端で見られる一年草。名前の由来は、一年中開花し、果実がはぜる(はじける)ことから。茎は直立し、草丈は5-20cm。根元の葉は2-5cmのさじ形で数個つける。1cm程の淡紫色の唇形の花をつける。ムラサキサギゴケによく似るが、ムラサキサギゴケより乾いた場所に生え、花は一回り小さく、色は淡紫。ムラサキサギゴケのような匍匐性はなく一株ずつになる。
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国、東南アジア
花  期1月-12月
草  丈5-20cm
地  域日本全土
環  境田畑/草原/道端
種  別自生
トキワハゼトキワハゼ
トキワハゼ 
サギゴケ科サギゴケ属の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ