HOME  BACKシソ科キランソウ属   這性耐寒性多年草
キランソウ (金瘡小草)
Ajuga decumbens
  日当たりの良い山地や道端に自生する多年草。名前の由来は、紫色のランに似た花を意味する「紫藍草」が転訛したという説がある。別名のジゴクノカマノフタは、病魔に冒され、地獄へ落ちる人にキランソウを煎じて飲ませたところ病気が治り、地獄への釜の蓋が閉まったということから。茎は地面を這って四方に広がる。根生葉はロゼット状につき、葉身は4-6cmの倒楕円形、縁に粗い鋸歯がある。3-5月に葉腋に1cm程の紫色の唇形花を数個つける。全草に咳止めや解熱の薬効があり、開花期に採取し天日乾燥したものを煎じる。
英  名Kiransou
別  名ジゴクノカマノフタ(地獄ノ釜ノ蓋)
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国
花  期3月-5月
草  丈2-15cm
地  域本州、四国、九州
環  境山地/草原/道端
種  別自生
花言葉追憶の日々
キランソウキランソウ
キランソウ 
シソ科キランソウ属の仲間

シソ科の仲間
アガスターシェ アキギリ アキチョウジ アキノタムラソウ アジュガ アニスヒソップ アメジストセージ イヌコウジュ イヌゴマ イヌトウバナ イブキジャコウソウ イボタクサギ イングリッシュラベンダー ウインターサボリー ウエストリンギア・フルティコサ ウォールジャーマンダー ウォルフズバイン ウツボグサ エゴマ エゾタツナミソウ エルサレムセージ オカタツナミソウ オドリコソウ オニサルビア オルトシフォン・ラビアツス オレガノ オレガノ・ケントビューティー カイジンドウ カキドオシ カクトラノオ カッコウチョロギ カラミンサ カラミンサ・グランディフローラ カリガネソウ カワミドリ キセワタ キバナアキギリ キバナオドリコソウ キバナヨウラク キャットミント クサギ クラリンドウ クリーピングタイム クルマバナ クレロデンドルム・インディクム クレロデンドルム・クアドリロクラレ クロバナヒキオコシ グレコマ ケブカツルカコソウ ゲンペイカズラ コーカサス・ジャーマンダー コガネバナ コバノタツナミ コムラサキ コモンタイム コリウス サルビア サルビア・アズレア サルビア・アフリカーナ・ルテア サルビア・イエローマジェスティ サルビア・インボルクラータ サルビア・ウリギノーサ サルビア・エレガンス サルビア・クレベランディー サルビア・グアラニティカ サルビア・コクシネア サルビア・セミアトラータ サルビア・ネモローサ サルビア・パテンス サルビア・ファイヤーセンセーション サルビア・ファリナセア サルビア・フルティコサ サルビア・プラテンシス サルビア・リラータ サルビア・レプタンス シソ シソバタツナミ シモバシラ シロネ シロバナイブキジャコウソウ ジャーマンダーセージ ジャコウソウ ジャワヒギリ ジュウニヒトエ スタキス・コッキネア スタキス・マクランサ セージ セイヨウニンジンボク セキヤノアキチョウジ タツナミソウ タテヤマウツボグサ タンジン ダンギク チェリーセージ チャイニーズハット チョロギ ツクバキンモンソウ ツリージャーマンダー ツルニガクサ テンニンソウ トウバナ ナギナタコウジュ ナミキソウ ニシキコウジュ ニシキゴロモ ニホンハッカ ニンジンボク ネコノヒゲ ハナタツナミソウ ハマクサギ ハマゴウ ハルノタムラソウ バジル パゴダフラワー ヒイラギソウ ヒキオコシ ヒギリ ヒメオドリコソウ ヒメキランソウ ヒメシロネ ヒメジソ フブキバナ フリンジドラベンダー フレンチラベンダー フロミス・チューベローサ ブルーエルフィン プルネラ プレクトランサス・オルナツス プレクトランサス・モナラベンダー ベニゲンペイカズラ ベニバナクサギ ペインテッドセージ ホウライムラサキ ホトケノザ ホワイトセージ ホワイトバタフライ ボタンクサギ マルバハッカ ミカエリソウ ミズトラノオ ミソガワソウ ミツバハマゴウ ミヤマタムラソウ ミントブッシュ ムシャリンドウ ムラサキシキブ メハジキ モナルダ ヤエザキクサギ ヤエヤマスズコウジュ ヤマタツナミソウ ヤマトウバナ ヤマハッカ ラショウモンカズラ ラベンダー ラベンダーセージ ラミウム ラムズイヤー レースラベンダー レオノティス レモンバーム レモンビーバーム ローズマリー ロシアンセージ

iPhoneアプリ-花しらべ