HOME  BACKアブラナ科ダイコン属   二年草
ハマダイコン (浜大根)
Raphanus sativus var. hortensis f. raphanistroides
  日本各地の海岸の砂地や岩場などに自生する二年草。ダイコンが野生化したものとされる。名前の由来は、浜辺に自生し、葉がダイコンの葉に似ることから。葉は5-20cmで羽状に深裂する。4-6月に4cm程の淡紅紫色の4弁花をつける。ダイコンと異なり、根は太くならず食用にならない。
英  名Japanese wild radish
花  期4月-6月
草  丈30-80cm
地  域日本全土
環  境河原/岩場/海岸/砂地
種  別自生
ハマダイコンハマダイコン
ハマダイコンハマダイコン
アブラナ科ダイコン属の仲間

アブラナ科の仲間
アブラナ イオノプシディウム イヌガラシ イベリス ウメハタザオ エゾスズシロ オーブリエチア オランダガラシ カキネガラシ カブ コマツナ コンロンソウ ゴウダソウ ザーサイ スイートアリッサム スカシタゴボウ ストック セイヨウカラシナ タアツァイ タネツケバナ ダイコン ナズナ ナノハナ ニオイアラセイトウ ハクサイ ハナナ ハボタン ハルザキヤマガラシ バージニア・ストック ブロッコリー ヘリオフィラ・ロンギフォリア ホソバタイセイ マメグンバイナズナ ミチタネツケバナ ミヤマタネツケバナ ミヤマハタザオ ムラサキハナナ ヤマガラシ ヤマハタザオ ユリワサビ ルッコラ ワサビ

iPhoneアプリ-花しらべ