HOME  BACKスイレン科スイレン属   水生多年草
ヒツジグサ (未草)
Nymphaea tetragona
  スイレンの野生種で浅い池沼に自生する水生の多年草。名前の由来は未(ひつじ)の刻(午後1-3時)に花を咲かせることから。葉は水底で根生し、長い柄がある。葉は水面に浮かび10-20cmの卵円形から広楕円形、基部は心形。5-10月に根から出る長い花柄の先に5cm程の白色の花を浮かべる。萼片は4個で花弁は10個前後。
英  名Pygmy waterlily
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国、ロシア、ヨーロッパ、北アメリカ
花  期5月-10月
草  丈20-50cm
地  域北海道、本州、四国、九州
環  境山地/高山/池沼
種  別自生
花言葉清純な心
ヒツジグサヒツジグサ
ヒツジグサ 
スイレン科スイレン属の仲間

スイレン科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ