HOME  BACKアカネ科ヘクソカズラ属   つる性多年草
ヘクソカズラ (屁屎葛)
Paederia foetida
  全国の日当たりの良い草薮や道端に自生するつる性の多年草。名前の由来は、葉や果実をつぶすと悪臭があることから。花が田植えをする娘の帽子に似ることからサオトメバナ、花が灸をすえたあとのように見えることからヤイトバナ(灸花)の別名がある。つるは左巻きで他のものにからまって伸びる。葉は対生し、葉身は広卵形。7-9月に葉腋から集散花序をだし、1-2cmの白色の筒形の花をつける。花冠は先が浅く5裂する。内側は紅紫色。果実は核果で5mm程の球形。
英  名Skunk vine
別  名ヤイトバナ(灸花)、サオトメバナ(早乙女花)
原産地/原生地東アジア
花  期7月-9月
草  丈1-3m
地  域日本全土
環  境田畑/山地/草原/道端
種  別自生
花言葉人嫌い
ヘクソカズラヘクソカズラ
ヘクソカズラヘクソカズラ
ヘクソカズラ 
アカネ科の仲間
アカネ アッサムニオイザクラ アラビアコーヒー アリドオシ イナモリソウ ウスギコンロンカ オオフタバムグラ オククルマムグラ カワラマツバ ガーデニア・ニティダ ガーデニア・ムタビリス キクムグラ キヌタソウ キバナカワラマツバ ギョクシンカ クチナシ クルマバソウ クルマムグラ コクチナシ コンロンカ サンタンカ シチョウゲ シラタマカズラ シロバナサンタンカ スィートウッドラフ ソナレムグラ タニワタリノキ タマクルマバソウ ティアレタヒチ トランスバールガーデニア ナガバハリフタバムグラ ニオイサンタンカ ハクチョウゲ ハナクルマバソウ ハナヤエムグラ ハメリア・パテンス ヒゴロモコンロンカ ヒナソウ ベニマツリ ペンタス ホソバノヨツバムグラ ポートランディア・グランディフローラ マネッティア ムッサエンダ・カルカッタサンセット ムッサエンダ・ドナ・ルツ ムッサエンダ・フィリッピカ メリケンムグラ ヤエクチナシ ヤエムグラ ヤエヤマアオキ ロンデレティア・リューコフィラ ワイルドポインセチア

iPhoneアプリ-花しらべ