HOME  BACKナス科ペチュニア属   半耐寒性多年草
ペチュニア
Petunia × hybrida
  南アメリカ原産で江戸時代に導入された多年草。属名のPetuniaはブラジル先住民のpetun(タバコ)が語源。葉は対生、葉身は卵形。4-11月に上部の葉腋から花柄を伸ばし漏斗状の花をつける。花冠は5裂する。花の大きさが大輪、中輪、小輪、花色が赤、青、紫、桃、白など、一重、八重咲きなど種間交雑でで数多くの園芸品種がある。花壇や鉢植えなどで利用される。園芸品種にサフィニア(cv. Surfinia)がある。
英  名Petunia
別  名ツクバネアサガオ(衝羽根朝顔)、サフィニア
原産地/原生地南アメリカ
花  期4月-11月
草  丈10-60cm
種  別栽培
花言葉心がなごむ、自然な心(ピンク)
ペチュニアペチュニア
ペチュニアペチュニア
ペチュニアペチュニア
ペチュニアペチュニア
ペチュニアペチュニア
ナス科の仲間
アメリカイヌホオズキ アメリカバンマツリ イヌホオズキ ウコンラッパバナ エンジェルトランペット オオセンナリ オオマルバノホロシ カリブラコア キチョウジ ギンパイソウ クコ クロホオズキ ケストルム・エレガンス シザンサス ショクヨウホオズキ ジャガイモ センナリホオズキ ソラナム・ラントネッティ ソランドラ・ロンギフローラ タバコ タマサンゴ チョウセンアサガオ ツノナス ツルハナナス トウガラシ トマト ナス ニーレンベルギア ニオイバンマツリ ニコチアナ ハコベホオズキ ハシリドコロ ハダカホオズキ ヒヨス ヒヨドリジョウゴ ヒルザキヤコウカ ピーマン ブロワリア ホオズキ マーマレードノキ ヤコウカ ルリイロツルナス ルリヤナギ ワルナスビ

iPhoneアプリ-花しらべ