HOME  BACKトウダイグサ科ユーフォルビア属   常緑低木
ハナキリン (花麒麟)
Euphorbia milii
  マダガスカル島原産で大正時代初期に導入された常緑低木。茎や枝には多くの棘がある。葉は3-4cmの長卵形。花が1,2,4,8個ずつ付く特徴がある。花に見える部分はホウ(苞)が変化したもので、花は中心にある。変種が多く、花色・大きさが異なる品種がある。周年咲きで乾燥に強い。鉢花やインテリア材料などで利用される。
英  名Christ thorn,Crown of thorns
別  名ユーホルビア・ミリー、テツカイドウ
原産地/原生地マダガスカル島
花  期1月-12月
樹  高20-200cm
種  別栽培
花言葉逆境に耐える、独立
ハナキリンハナキリン
ハナキリンハナキリン
ハナキリンハナキリン
ハナキリン 
トウダイグサ科ユーフォルビア属の仲間

トウダイグサ科の仲間
アカメガシワ アブラギリ イワタイゲキ オオニシキソウ オオバギ オオバベニガシワ オゼヌマタイゲキ キャッツテール ギンリュウ ククイ クロトン コニシキソウ サンゴアブラギリ シナアブラギリ シマニシキソウ ショウジョウソウ タカトウダイ テイキンザクラ トウゴマ トウダイグサ ナツトウダイ ナンキンハゼ ニシキアカリファ ノウルシ ハクサンタイゲキ ハツユキソウ ベニヒモノキ ポインセチア マツバトウダイ ヤマアイ ユーフォルビア・カラキアス ユーフォルビア・シラユキヒメ ユーフォルビア・ダイアモンドスター ユーフォルビア・ダイアモンドフロスト ユーフォルビア・プニセラ ユーフォルビア・ポリクロマ

iPhoneアプリ-花しらべ