HOME  BACKクマツヅラ科デュランタ属   半つる性常緑低木
デュランタ
Duranta
  熱帯アメリカ原産で明治時代に導入された常緑低木。原産地では森林や雑木林に自生する。葉は対生または輪生し、葉身は卵形。葉腋から総状花序を下に垂れ、1-2cmの白色や青紫色の高坏形の花をつける。花冠は5裂する。花後に、多くの黄色の実をつける。暖地では花壇などで利用される。直立性のハリマツリ(D. erecta)や園芸品種のタカラズカ(D. repens cv. Takarazuka)などがある。
英  名Golden dewdrop,Brazilian skyflower
別  名タイワンレンギョウ(台湾連翹)、ハリマツリ(針茉莉)
原産地/原生地熱帯アメリカ
花  期4月-11月
樹  高1-4m
種  別栽培
花言葉あなたを見守る
デュランタデュランタ
デュランタデュランタ
デュランタ 
クマツヅラ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ