HOME  BACKイネ科ペニセタム属   多年草
チカラシバ (力芝)
Pennisetum alopecuroides
  日当たりの良い道端や野原に自生する多年草。名前の由来は、茎・葉が強く根が強く張っていて、力を入れてもなかなか引きちぎることができないことから。茎は叢生し株をつくる。根元から線形の葉がでる。8-11月に花茎の先にブラシ状の小穂をつける。
英  名Dwarf fountain grass
別  名ミチシバ
原産地/原生地日本、朝鮮半島、中国、東南アジア
花  期8月-11月
草  丈30-90cm
地  域日本全土
環  境草原/道端
種  別自生
花言葉信念
チカラシバチカラシバ
チカラシバチカラシバ
イネ科ペニセタム属の仲間

イネ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ