HOME  BACKヒユ科センニチコウ属   非耐寒性一年草
センニチコウ (千日紅)
Gomphrena globosa
  熱帯アメリカ原産で江戸時代に観賞用に導入された一年草。センニチコウ属は熱帯アメリカを中心に約100種が分布する。名前の由来は、センニチ(千日=長い間)花が咲くことから。茎は直立し株立ち状になる。葉は対生し、葉身は5-10cmの長卵形。6-10月に茎頂に3cm程の赤・白・淡紅色の頭状花をつける。園芸品種には赤色のストロベリーフィールズ(cv. Strawberry Fields)や淡紅色のファイアーワークス(cv. Fireworks)、仲間には花色が橙黄色で葉が披針形のキバナセンニチコウ(G. haageana)などがある。花壇・鉢植え・ドライフラワーなどで利用される。
英  名Globe amaranth
別  名センニチソウ(千日草)
原産地/原生地熱帯アメリカ
花  期6月-10月
草  丈20-60cm
種  別栽培
花言葉変わらぬ愛、不朽
センニチコウセンニチコウ
センニチコウセンニチコウ
センニチコウ 
ヒユ科センニチコウ属の仲間

ヒユ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ