HOME  BACKショウガ科ヘディキウム属   半耐寒性球根
ジンジャー
Hedychium
  インドで紀元前300年頃から栽培されてきたとされる球根植物。葉は光沢があり、互生、葉身は30-50cmの長楕円形から披針形。茎頂に総状花序をだし、6cm程の芳香のある白、橙、黄色の花をつける。白色の花はハナシュクシャ(H. coronarium)、オレンジ色の花はニクイロシュクシャ(H. carneum)と呼ばれる。花に甘い香りがあり、ハワイのレイや香水の材料に、根は、カレー・肉魚料理に使われる。花壇などで利用される。
英  名Ginger lily,Garland lily
別  名ヘディキウム、ジンジャーリリー、ハナシュクシャ(花縮砂)、ニクイロシュクシャ(肉色縮砂)
原産地/原生地インド、東南アジア
花  期8月-10月
草  丈1-2m
種  別栽培
花言葉信頼、豊かな心
ジンジャージンジャー
ジンジャージンジャー
ショウガ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ