HOME  BACKラン科シュンラン属   多年草
マヤラン (摩耶蘭)
Cymbidium macrorhizon
  常緑林内に生える多年草。腐生植物(菌類と共生し栄養素を得て生活する植物)。名前の由来は、最初に発見された神戸市の摩耶山に因む。根茎は長く、地中で分枝する。7-10月に茎頂に白色から淡紅色の花を2-6個まばらにつける。
原産地/原生地日本、台湾、朝鮮半島、中国
花  期7月-9月
草  丈10-30cm
地  域本州・関東以西、四国、九州、沖縄
種  別自生
マヤランマヤラン
ラン科シュンラン属の仲間

ラン科の仲間
アツモリソウ イワチドリ エゾチドリ エビネ エピデンドラム オキナワチドリ オニノヤガラ オンシジウム カキラン カクチョウラン カトレヤ キエビネ キンラン ギンラン クマガイソウ グラマトフィラム コウトウシラン コケイラン コチョウラン サイハイラン サギソウ ササバギンラン サルメンエビネ サワラン シュンラン ショウキラン シラン シンビジュウム ジゴニシア セッコク タイガーオーキッド ツチアケビ テガタチドリ デンドロビューム トキソウ ナリヤラン ニュウメンラン ネジバナ ノビネチドリ ハクサンチドリ バニラ バンダ パフィオペディラム フウラン ホソバノキソチドリ ミズチドリ ミズトンボ ミルトニア ヤマサギソウ

iPhoneアプリ-花しらべ