HOME  BACKキキョウ科カンパニュラ属   多年草
ハタザオギキョウ (旗竿桔梗)
Campanula rapunculoides
  ヨーロッパ原産で大正時代に導入された多年草。関東地方以北で帰化している。名前の由来は、ハタザオ(旗竿)にキキョウに似た花を連ねてつける様子から。茎は直立し、6-8月に、総状花序をだし、3cm程の淡紫色の釣鐘形の花を10-20個下向きにつける。花冠は5裂する。葉は互生し、葉身は披針形、縁に鋸歯がある。
英  名Creeping bellflower,Rampion bellflower
別  名カンパニュラ・ラプンクロイデス
原産地/原生地ヨーロッパ
花  期6月-8月
草  丈50-150cm
地  域北海道、本州・関東以北
種  別自生/栽培
ハタザオギキョウハタザオギキョウ
ハタザオギキョウハタザオギキョウ
キキョウ科カンパニュラ属の仲間

キキョウ科の仲間
アオバナホタルブクロ イソトマ イワギキョウ イワシャジン オトメギキョウ カンパニュラ・ガルガニカ カンパニュラ・パーシフォリア カンパニュラ・ポシャルスキアナ カンパニュラ・メリーベル カンパニュラ・ラクチフローラ カンパニュラ・ラティフォリア キキョウ キキョウソウ サワギキョウ シデシャジン ソバナ タニギキョウ タマシャジン チシマギキョウ ツリガネニンジン ツルニンジン ハクサンシャジン バアソブ ヒプセラ・レニフォルミス フィソプレキシス・コモサ フウリンソウ プラティア ベニバナサワギキョウ ホシアザミ ホタルブクロ ミゾカクシ モノプシス ヤツシロソウ ヤマホタルブクロ ロベリア

iPhoneアプリ-花しらべ