HOME  BACKセリ科ハナウド属   
オオハナウド (大花独活)
Heracleum lanatum var. lanatum
  山地から亜高山帯に生える多年草。茎は中空で直立し上部は分枝する。全体に毛が多くざらつく。5-9月に枝先に大型の複散形花序をだし、小さな白色の花を多数つける。花弁は外側がきく、先が2裂する。葉は互生し、3出または5出複葉、小葉はさらに切れ込み、縁には深い切れ込みと鋸歯がある。
別  名ウラゲハナウド
原産地/原生地日本、千島列島、サハリン、アラスカ
花  期5月-9月
草  丈1-2m
地  域北海道、本州・近畿地方以北
環  境山地/高山
種  別自生
オオハナウドオオハナウド
オオハナウドオオハナウド
セリ科ハナウド属の仲間

セリ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ