HOME  BACKユキノシタ科ネコノメソウ属   多年草
ネコノメソウ (猫の目草)
Chrysosplenium grayanum
  山地の湿り気のある場所に群生する多年草。名前の由来は、果実が猫の瞳孔に似ることから。4-5月に茎上部に小さな黄色の花を苞葉に囲まれてつける。黄色の花弁状の萼片が直立する。雄しべは4個。葉は対生し、葉身は1-2cmの卵形、縁に鋸歯がある。
原産地/原生地日本、朝鮮半島、ロシア
花  期4月-5月
草  丈5-20cm
地  域北海道、本州
環  境山地/池沼
種  別自生
ネコノメソウネコノメソウ
ネコノメソウネコノメソウ
ユキノシタ科ネコノメソウ属の仲間

ユキノシタ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ