HOME  BACKセリ科エゴポディウム属   多年草
イワミツバ
Aegopodium podagraria
  ヨーロッパ原産の多年草。帰化植物。地下茎で広がり群生する。6-7月に茎頂に複散形花序をだし、小さな白色の5弁花を多数つける。葉は互生、1-2回3出複葉、小葉は3-6cmの長楕円形、縁に鋸歯があり、先が尖る。葉に斑が入る園芸品種(cv. Variegata)はグラウンドカバーなどで利用される。
英  名Bishops goutweed
別  名エゴポディウム
原産地/原生地ヨーロッパ
花  期6月-7月
草  丈40-80cm
地  域北海道、本州(東京都・神奈川県)
環  境道端
種  別自生/栽培
イワミツバイワミツバ
イワミツバ 
セリ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ