HOME  BACKミズキ科ミズキ属   多年草
エゾゴゼンタチバナ (蝦夷御前橘)
Cornus suecica
  北海道の東部や北部の原野や湿原あるいは低山から亜高山帯の林床に生える多年草。6-7月に茎頂に2cm程の白色の花をつける。花弁に見えるのは総苞片で、小さな黒紫色の花を中央に多数つける。葉は4-5対が十字対生し、葉身は2-3cmの卵形から長楕円形、先は尖る。果実は核果で秋に赤く熟す。仲間のゴゼンタチバナは葉が4,6輪生するが、エゾゴゼンタチバナは十字対生する。
英  名Dwarf cornel
原産地/原生地周北極地方
花  期6月-7月
草  丈10-25cm
地  域北海道
環  境山地/高山
種  別自生
エゾゴゼンタチバナエゾゴゼンタチバナ
エゾゴゼンタチバナ 
ミズキ科ミズキ属の仲間

ミズキ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ