HOME  BACKトウダイグサ科ユーフォルビア属   多年草
イワタイゲキ
Euphorbia jolkinii
  伊豆半島以西の海岸の岩場に自生する多年草。名前は、岩場に生えるタイゲキ(トウダイグサ属の漢方名)の意。群生して株立ち状になり草丈は30-50cm。4-6月に、茎先の葉腋から放射状に枝をだし、枝先の苞葉に杯状花序をつける。茎は太く赤みを帯び、葉は互生し、葉身は4-7cmの長楕円形から倒披針形。有毒植物で茎や葉を切ると出る白い乳液がつくとかぶれる。
原産地/原生地日本、台湾、朝鮮半島、中国・南部
花  期4月-6月
草  丈30-50cm
地  域本州・関東以西、四国、九州、沖縄
環  境岩場/海岸
種  別自生
イワタイゲキイワタイゲキ
イワタイゲキイワタイゲキ
トウダイグサ科ユーフォルビア属の仲間

トウダイグサ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ