HOME  BACKアサ科エノキ属   落葉高木
エノキ (榎)
Celtis sinensis
  山野の湿り気のある場所に生える落葉高木。昔は街道の一里塚として植えられた。名前の由来には、よく燃えるので「燃え木」が転訛した説、器具の柄につかわれたので「柄の木」という説がある。雌雄同株。4-5月に新枝の葉腋に小さな花をつける。葉は互生し、葉身は長さ4-9cmの卵形から長楕円形、上部に鋸歯があり、先は尖る。果実は核果で9月に橙褐色に熟す。庭木や公園樹などで植栽される。
英  名Chinese hackberry
原産地/原生地東アジア
花  期4月-5月
樹  高10-20m
地  域本州、四国、九州、沖縄
環  境山地/池沼
種  別自生/栽培
花言葉協力
エノキエノキ
エノキエノキ
アサ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ