HOME  BACKスベリヒユ科スベリヒユ属   這性一年草
スベリヒユ (滑りひゆ)
Portulaca oleracea
  日当たりの良い畑などに生える一年草。名前の由来は、葉をつぶすと出るぬめりがあり、実がヒユの実に似ることから。茎は赤紫色で、地を這って広がる。7-9月に枝先に1cm程の黄色の花をつける。花は日が当たると開く。葉は多肉質、互生、葉身は1-3cmのへら形。果実は5mm程のがいか(蓋果)で熟すと横に裂ける。
英  名common purslane
別  名バシケン
原産地/原生地熱帯から温帯
花  期7月-9月
草  丈10-30cm
地  域全土
環  境田畑/道端
種  別自生
スベリヒユスベリヒユ
スベリヒユ 
スベリヒユ科スベリヒユ属の仲間

スベリヒユ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ