HOME  BACKリンドウ科ファグラエア属   常緑高木
テンブス
Fagraea fragrans
  東南アジア原産の常緑高木。樹高は30-40mに達する。葉腋に集散花序をだし、2cm程の漏斗形に花を多数つける。花は年2回開花し、始めはクリーム色で次第に黄色に変化し、夜になると芳香が強くなる。葉は明緑色、対生、葉身は5-10cmの楕円形。材は硬く家具やボートなどに加工される。シンガポールのヘリティジツリーに指定されており、シンガポール5ドル紙幣の裏側に印刷されている。
英  名Tembusu
原産地/原生地東南アジア
花  期5月-6月/10月-11月
樹  高10-40m
種  別栽培
テンブステンブス
テンブステンブス
テンブス 
リンドウ科ファグラエア属の仲間

リンドウ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ