HOME  BACKセリ科イノンド属   一年草
イノンド
Anethum graveolens
  地中海沿岸地方から中央アジア原産で江戸時代に導入された一年草。ハーブの一種。5-7月に茎頂に複散形花序をだし、小さな黄色の花を多数つける。葉は互生し、3-4回羽状複葉、裂片は糸状。果実は楕円形で扁平、黒く熟す。葉や種子は乾燥させて香辛料として用いられる。
英  名Dill
別  名ディル、ヒメウイキョウ
原産地/原生地地中海沿岸地方から中央アジア
花  期5月-7月
草  丈40-100cm
種  別栽培
花言葉知恵
イノンドイノンド
イノンドイノンド
イノンド 
セリ科の仲間

iPhoneアプリ-花しらべ